About

サービスの取り組みやポリシー

ホームページ構築のための取材、ご予算に合わせたご提案から、様々なWebアドバイスや技術的ご指導、インタビュー取材からインタビュー編集のみやライティング、既存動画の編集等、総合的な視点でサービスを提供させていただきます。時間単位の単発のお仕事も承ります。
特に様々な業態において女性の口コミが購買につながるため女性ターゲットのデザインやコンテンツを重視される場合は、期待できるか、得意分野に当たるか、お気軽にお尋ねいただきご検討ください。

Webサイト制作は、特に新規の場合、取材、企画の段階から参加させていただくことを基本にしています。

Web集客で結果を出すためにどこに向けてどのように発信するかが、手抜きできない要素なので十分に把握した上で戦略を練らしていただくためです。

インタビュー活用は、取材から、記事作成のみ・インタビューから記事をWebページ化・インタビュー音声の編集・インタビュー動画の編集といろんな段階でのサービスが可能です。

動画編集は、サブネイルの作成から撮影動画素材と絵コンテご提出による編集を承っています。30秒からのPV制作やオンラインレッスン動画編集もお任せください。

検索エンジンSEO(Search Engine Optimization)対策について

ターゲットにとって価値のあるホームページと認識されるためにコンテンツライティングに非常に力を入れています。Googleの検索で1ページ目に表示されることが重要視されるのは、20年近く前からまだ変わりません。そのためにWeb広告を沢山出すことやSNSインフルエンサーの紹介も効果的ですが、それだけでは、広告資金を常に投入していかないと直ぐに効果は無くなってしまいます。
価値があると判断されるコンテンツがあることが、実際、最も顕著に問い合わせに繋がっています。

チェンジビュー制作環境やスキルやネットワーク

作業用 OS Windows pro
プロセッサ intel(R) Xeon(R) CPU E3-1270v5@3.60GHz

デザインソフトは、Adobe Creative Cloudを使用しています。
Webデザイン DTPデザインは、Photoshop Illustration 
動画編集は、Premiere After Effects   Audition
WebサイトはほぼWordPressのためDreamweaverはほとんど起動する必要は無くなりました。

開発言語は、HTML5 CSS3を中心に。わからない部分は、その都度調べながらタグ打ちするのが常です。
Javascriptは一応学びました。ActionScriptはFlashが期待されてる時期に夢中になって勉強しましたが、iPhoneが切り捨てたため撃沈しました。phpなどのプログラムは、クリエイター仲間のネットワークで対応してくれる方にお願いしています。写真、動画撮影、イラスト、英語、中国語翻訳その他も大体、持ち前の人脈で今までそれなりに回せてきましたので今後もそのようにしていくつもりです。

ChangeViewの代表者プロフィール

宮崎 純代 (Sumiyo Miyazaki)

京都出身 大阪府枚方市(所在地はお問い合わせ時にお伝えしています。)

ストーリー
個人的なストーリーですが、何かの参考にしていただけたら幸いです。

インターネット黎明期に、翻訳の調べものでネットにハマりまくったのがWeb制作を学ぶきっかけでした。
趣味で作ったホームページで、ブラックなフランス絵本を紹介したり、不平等な女性に関する制度についてネット仲間と情報交換したり、国会議員あてにメールを送ったりしていました。
職業訓練なんてなかった頃なので、当時Webスクールの授業料は何百万とバカ高く、独学+制作会社内にあるWeb教室でプログラマーの先生にHTML,CSS,javascriptを学びました。それでも90分授業の安くはないレッスン代でしたので、予習復習抜かりなく、神経張り詰めた熱い日々でした。

ひとつ、とても教訓になった出来事があります。
ウェブの仕事をしてからものちに大きなプログラミングスクールで人気のActionscriptを学びました。でも結局それは、派遣デザイナーとしてEラーニングに関する1か月の仕事で使ったきりでした。Flashの消失と共に身に付けたスキルも用無しになりました。
当時、いかにFlashの需要が伸びるか、ウェブデザインの仕事をするならFlashデザインが出来るとどれほど重宝がられるか、メディアでは、そんな業界通の識者の記事で賑わっていました。
しかし、iPhoneがFlashを切り捨てるという予想だにしなかった決断により衰退の道を辿ります。
この出来事で得た教訓は、ネットの世界も一寸先は、何もわからないということです。どんなに有名な識者の予想でも未来の予測など不可能でいい加減だということでした。
でも一寸先は何もわからない世界で、最も無くならないものは何だろうと考えると”伝える力”ではないでしょうか。

ざっくり少し昔話をさせてください。これも何かの参考にしていただけるかもしれません。
私の前職はアパレルデザイナーでした。バブル時、就職した初めての年にデザインしたカットソーのセットアップが渋谷109セレクトショップにてヒットしました。これは売れ筋かもと思ったデザインは、追加注文やサイズ展開の指示が何度も来るので職人的立場の一社員でもわかります。
その後、インナーファッションデザインコンテストで賞を取ったのをきっかけにインナーファッションに転向しました。アウターのデザインでもやはりインナーよりの身体に沿ったジャンルが得意であることに遅まきながら気づきました。デザインも好きでしたが、それと同じくらい没頭できたのが、年4回の企画デザインマップやストーリー立て、キャッチコピーを作ること、そのプレゼンでした。この頃の情報デザインとWebの仕事は、繋がる部分がとても多いです。
結婚、出産以降、Web制作会社に勤めるまで、アパレルデザインやパターンの仕事には戻らず、ホームページ作成の趣味の傍ら、暫く在宅で、新しい子育て関連ホームページのモニターバイトをしたりしていました。2020年以降のコロナ騒動で、リモートワークが新しい生活様式と形容されていましたが、その頃のデジタル系女性起業家の方達は、既に必要に迫られてリモートワークを活用していました。その頃のメーリングリストやチャットが、今、ZOOM等に変わっただけです。

このように業種の違いや時代によるツールの流行り廃りはありますが、私が、これまでデザインという形で伝えることと言葉で伝えることでお仕事をいただいてきたことに変わりはありません。
物やサービスが溢れると、人は結局、商品やサービスのスペックより、好きか嫌いか、起業ストーリーやお客様とのエピソード、開発秘話などで感動したものを購入しようとします。
でも意外と起業された社長さんや社内にいる方は、ご自分達の強みに気づかず過小評価したり、見過ごしてしまいます。
私の立場は、そんな見過ごされがちなのに伝えるべきだと思う輝きを「デザインと言葉」を「ネットの仕組みで最適化」して表現代行することではないかと日々精進しております。

ChangeView Facebook https://www.facebook.com/changeview
個人Facebook https://www.facebook.com/sumiyo.miyazaki